クイックアクセス

CERTESS カーボン膜 - トライボロジカルコーティング

現在、並びに将来の内燃機関では解決しなければならない課題が次から次へと生まれています。

潤滑油と添加剤の組み合わせ、コンパクト化、表面仕上げ、面圧・摺動速度は表面処理、コーティングに新しい挑戦を投げかけています。新世代コーティングはこの一つ一つの課題に対して総合的かつ確かなソリューションを提供しております。

自動車部品の真空蒸着コーティングを検討する時、二つのコーティングファミリーを思い浮かべるでしょう:

  • 優れた耐摩耗性と最低の摩擦係数を示すカーボン系コーティング
  • 高い耐凝着摩耗性(耐焼付性)の窒化系コーティング

水素含有のダイヤモンドライクカーボンDLC(a-C:Hタイプ)、水素フリーDLC(ta-Cタイプ)、それぞれ異なる問題解決のソリューションとして用いられますが、いくつかのケースでは、両者ともに優れた効果を発揮します。この場合、運転時の部品温度(Max 450℃)、使用している潤滑油とその添加剤、摺動形態…により、どちらを選択すべきかが決まります。

  • HEFグループは過酷な条件の摺動部品用として、幅広い膜厚・硬度範囲で全タイプのカーボン系コーティングを提供しております。

グローバル展開する量産コーティングサービス、トライボロジー研究エキスパートとしての60有余年の活動、幅広い分野でのサーフェイスエンジニアリングの知見、これらの包括的な理解・考察、並びに故障メカニズム解析、HEFは最も難しい摺動問題にも確かなソリューションをお届けいたします。