クイックアクセス

環境

CLIN 処理では、軟窒化用ソルト(充填剤および再生剤)と酸化用ソルトが使用され、これらのソルトは、加熱されると液体になります。

CLIN 処理に使用されるソルトは、シアン化物を一切含みません。これらのソルトは、アルカリ無機塩(炭酸塩、シアン酸塩)でできていますので、REACH 規則やSEVESO 指令の対象となりません。

このため、装置に組み込まれている排気、廃液処理システムのおかげで、CLIN 処理サービスを行う生産拠点の設立のための現地(EU内外におけるもの)の認可は、容易且つ迅速に取得できます。

補足ですが、ドイツの研究委員会の支援を受けて、様々な軟窒化プロセスの環境への影響の調査が2011年にブレーメン大学(ドイツ)によって発表されました。この調査ではガス軟窒化プロセスよりも CLIN プロセスのほうがが高い評価を受けています。

この調査は、年間 1,390 トンのクランクシャフト生産量を基に、消費エネルギー、生成される排出物および廃棄物を考慮して様々な軟窒化プロセスの環境および健康への影響を評価しています。

ガスプロセスを提案している多くのライバル会社が広めている塩浴窒化のイメージは、正当性が立証されておらず、相変わらず根拠のないものです。

EU 内外における当社の持続的成長が証明しているように、CLIN 処理には、素晴らしい未来があります。