クイックアクセス

焼入れと焼戻し

マルテンサイト焼き入れの長所は、質量および形状の変化が少ないことです。オーステナイト化された構成部品は、表面と芯部との温度の均衡を確保するために、マルテンサイト変態開始温度より、多少高温で焼き入れされます。これにより、追加冷却時に非常に均一なマルテンサイトを得ることができます。

また、ベイナイト焼き入れには、ASソルトが、最適な硬さを得るための最良の選択肢となります。

製品 用途 使用温度 (°C)
AS 140 焼き入れと焼き戻し、マルテンサイト焼き入れ、焼き戻し、ベイナイト焼き入れおよびブルーイング処理用。 950℃を超える温度まで加熱された構成部品や、シアン化物を含む(KCN>13%)溶融液中で処理された構成部品には使用不可。 160 – 550
AS 220 マルテンサイト焼き入れ、焼き戻し、ベイナイト焼き入れおよびブルーイング処理用。 950℃を超える温度まで加熱された構成部品や、シアン化物を含む(KCN>13%)溶融液中で処理された構成部品には使用不可。 250 – 550
AS 235 マルテンサイト焼き入れ、焼き戻し、ベイナイト焼き入れおよびブルーイング処理用の非毒性ソルト。 950℃を超える温度まで加熱された構成部品や、シアン化物を含む(KCN>13%)溶融液中で処理された構成部品には使用不可。 280 – 550
AS 300 マルテンサイト焼き入れ、焼き戻し、ベイトナイト焼き入れおよびブルーイング処理用の非毒性ソルト。 950℃を超える温度まで加熱された構成部品や、シアン化物を含む(KCN>13%)溶融液中で処理された構成部品には使用不可。 340 – 550
GS 430 AS 浴で処理できない鋼の焼き戻しまたは焼き入れ用。 500 - 700