クイックアクセス

浸炭および浸炭窒化

浸炭および浸炭窒化用の溶融ソルトの優れた点は次の通りです。

  • 温度均一性
  • 浸炭作用の再現性の良さ
  • 監視の容易さ
  • 使用上の柔軟性

DUROFER™プロセスは、使用する製品がシアン化物を含まず、また、再生剤CECONTROL™ の添加によって炭素活量が管理されるため、環境に優しいプロセスです。

この結果、廃棄ソルトの蓄積量はかなり減少します。この技術は、溶融槽内の炭素活量が低い場合に、無脱炭焼き入れとして使用することもできます。

DUROFER™プロセス

製品 用途 使用温度(℃)
CECONTROL™ 非毒性再生剤。
ベースソルトCECONTROL™ 50 H、80 B および110 Bとの組み合わせでのみ使用。
 
CECONTROL™ 50 H 表面で約0.5% Cの炭素含有量を得るための、シアン化物を含まないベースおよび補充用ソルト。再生剤CECONTROL™との組み合わせでのみ使用。 780 – 950
CECONTROL™ 80 B
CECONTROL™ 110 B
表面で約0.8 または 1.1% Cの炭素含有量を得るための、シアン化物を含まないベースおよび補充用ソルト。再生剤CECONTROL™との組み合わせでのみ使用。 820 – 950

その他の浸炭および浸炭窒化用ソルト

製品 用途 使用温度(℃)
CECONSTANT™ 80
CECONSTANT ™110
表面で約 0.8% C または 1.1% C の炭素含有量を得るための単塩システム。 850 – 950
CECONSTANT™ 80 A
CECONSTANT™ 110 A
初期充填のためのベースソルト。  
GS 540 / C 3 この二塩システムは、A1以下での浸炭窒化にも使用することができます。 700 - 950