新しい摺動面の機能

IREISは、常にイノベーションの最先端で、摩耗と摩擦をコントロールする新技術を開発しています。IREISは特に、既存の技術をはるかに超える新しい摺動面機能を作り出す取り組みに注力をしております。

この摺動面の機能化は、例えば、CO2排出量低減活動のために広く行われている試みの一つですが、この応用範囲は単に地球環境対策を超えた広いものになっております。

マイクロテクスチャリングは、表面エンジニアリング分野において最新かつ実践的な改善事例です。

マイクロテクスチャリング

マイクロテクスチャリングは、潤滑ピエゾ粘着特性(lubricant piezo-viscous property)を用いる画期的な技術です。1cm²当り数千個の穴により、より低速な摺動速度段階において、境界潤滑状態から流体潤滑状態に移行させることが可能になります。

マイクロテクスチャリング加工をしたDLCコーティングを用いると、バルブタペットの摩擦を60%、エンジンのCO2排出量を2 g/km削減することができます。

 

マイクロテクスチャリングに加え、いくつかの技術は、既にさらに開発が進んだ段階にあり、様々な産業界で広く量産採用されています。以下は、IREISが行なった200以上の研究テーマの中から4つの事例を紹介いたします。

DLC によるエンジン機械摩擦低減

HEF R&Dが開発したバルブロッカーアーム用DLC (ダイヤモンドライクカーボン)コーティングは、摩擦係数を30%削減します。この数ミクロンのカーボン膜が、普通車一台のCO2排出量を1 g/km削減します。

プラスチック製バックミラー

部品メーカーの協力により、弊社は、オールプラスチック製のバックミラー技術を開発しました。目的は、ガラス製部品を、同等の高い反射率をもった、熱に強い射出成形したプラスチック部品で代用することでした。この技術により、重量軽減はもとより、寸法、デザインの自由度が大幅に向上しました。

マイクロ電池

IREIS は、電気化学用薄膜の分野で、15年以上の経験を持っています。とりわけ、HEF R&Dは、総厚みが約20 µmのマイクロ電池を開発しました。

宇宙探査機コーティング

火星探査エクソマーズ計画では、火星表面を探査するため探査機を送ることが計画されています。HEF R&Dは、そこに搭載する地震アンテナ用コーティングを開発しました。このアンテナは、必要な電気抵抗を得るために30メートルの長さで直線的に膜厚が増えていく金属合金コーティングがなされています。