Technologie de traitement

 

クイックアクセス

熱処理・軟窒化処理

リン酸塩処理

溶射

 

真空蒸着 - PVD/PACVD

スプレーコーティング

Divers

 
 

ダウンロード / 資料

 

熱処理・軟窒化処理

ARCOR™ HEF の特許

腐食に対して非常に効果的な保護と、良好な耐摩耗性を組み合わせることができる鉄金属用の処理シリーズです。ARCOR は、熱化学的な不動態化処理と、表面層への有機膜の含侵を実施します。 ARCOR 処理された部品は、特に装飾的な外観にも優れています

 
ARCOR-TENIFER-QPQ
 

処理可能な材料:

ARCOR の処理温度は540~630°C、処理時間は30~210 分の範囲内です。電解コーティングの場合とは異なり、ARCOR では水素脆化のリスクは全く生じません。仕上げ加工前に、最低 3 時間の熱安定化を実施してください。
処理した部品を溶剤で洗浄しないでください。

 

長所:

-非常に高い耐アブレッシブ摩耗性および耐凝着摩耗性

- 非常に高い耐表面疲労性

- 塩水噴霧試験で最大 800 時間に達する高い耐腐食性

- 耐焼付性の改善

- 潤滑膜の優れた負荷負担能力

- 小さい摩擦係数

- 初期なじみ改善 


用途:

シリンダーおよびダンパーのロッド、アクスルヒンジ、クレーンの継板、電気装置のメカニズム、自動車のロックのメカニズム、ヒンジピン、操作ねじ、ワイパー軸、ペタンク用のボール、製鉄用装置



 

TENIFER/QPQ  HEFの特許

不動態化を伴う塩浴熱化学拡散と仕上げ処理とを組み合わせた軟窒化処理です。これらの処理により、鋼および鋳鉄上で耐腐食特性、耐摩耗特性および耐疲労特性を同時に得ることができます。また、表面面粗度を小さくするために、QPQ 処理の一環としての機械的クリーニング/研磨作業と組み合わされます。


処理パラメーター:
TENIFER™ の処理温度は500°C630°C、処理時間は30210分の範囲内です。

備考: 
設置設備は、直径 1300 mm、高さ 2300 mm までの部品を処理することができます。注意: 仕上げ加工前に3時間の熱安定化を実施してください。

用途例:
ギア、カムシャフト、スライドレール、軸受、エンジンライナー、ロッカーアーム、ラック、切削工具、クランクシャフト、油圧シリンダー、スタブシャフト、ホイールハブ、リンケージ、ユニバーサルジョイント、ヒンジピン、アルミニウム合金鋳物用金型、ピストン等

 

SURSULF™HEFの特許

 

鉄金属用の硫黄活性化非汚染塩浴での窒化処理。
浴の極めて高い窒化力によって、SURSULF は、摩耗、疲労および焼き付きの問題を効果的に解決することができます。

処理可能な材料:
SURSULF の処理温度は540570°C、処理時間は30210分の範囲内です。仕上げ加工前に、少なくとも 590℃3時間の熱安定化を実施してください。
処理した部品は、溶剤で洗浄しないでください。

長所:
- 非常に高い耐アブレッシブ摩耗性および耐凝着摩耗性

- 非常に高い耐表面疲労性

- 塩水噴霧試験で最大800 時間に達する高い耐腐食性

- 耐焼付性の改善

- 潤滑膜の優れた荷重負担能力

- 小さい摩擦係数

- 初期なじみ改善 


用途
:
ギア、カムシャフト、スライドレール、軸受、エンジンライナー、ロッカーアーム、ラック、切削工具、クランクシャフト、油圧シリンダー、スタブシャフト、ホイールハブ、リンケージ、ユニバーサルジョイント、ヒンジピン、アルミニウム合金鋳物用金型、ピストン、ディストリビュータ 

 

SULF BT™HEFの特許

 

耐焼付性を改善し、潤滑膜の付着を強化する硫化鉄層を鉄合金部品の表面に形成する溶融塩浴電解処理です。

SULF BT の処理温度は190°Cです。

 

処理可能な材料:

- 焼き入れ鋼
- 浸炭鋼
- 高周波焼き入れ鋼
- 低温焼き戻しによる熱処理鋼
- クロム含有量が12% 未満の鋼(ステンレス鋼は適しません)

 

長所:

- 耐孔食性の向上 
- 耐摩耗性および耐焼付性の向上
- 摩擦特性の向上
- 自己潤滑式コーティングのための優れたベース膜

 

用途:

浸炭焼き入れまたは表面焼き入れしたギア、カムシャフト、ディファレンシャルピニオン、ディファレンシャルスパイダ、シフトフォーク、エアハンマーのピストン